日本は宝石大量消費国

日本は世界でも有名な宝石の一大消費国です。
日本でも、宝石を採集できる場所は多々あります。
パワーストーンや、鉱物の産地などが多々ありますが、鉱物から作られたものは実は私たちの身の回りに意外とたくさんあります。

ダイヤモンド、水晶、トパーズ、サファイアなど、指輪やネックレスなどの宝石では定番の鉱物も、日本で採集することができます。
ですが、日本は多くの宝石を、輸入に頼っています。
日本で採取できるということは、多くの人には知られていません。
たとえば、トパーズ。
トパーズは日本全国でどこでも採集できる宝石だと言われています。

大きな結晶や宝石として価値があるトパーズが採集できるところといえば、岐阜県もしくは滋賀県です。
岐阜県の苗木地方などでは、トパーズが採取できる鉱物産地として有名です。
また、透明なトパーズや様々なカラーのトパーズが採集できることでも有名で、通常のトパーズの産地とはまた違った鉱物の採集場として人気です。

実は、トパーズの他にも、サファイアやルビー、ガーネットなどの宝石も、日本国内では産地があります。
ガーネットの場合は茨城県、福岡県では10センチを超える大きな水晶が採集できるとしても有名です。
海水色の意思が取れる佐賀県では、アクアマリンの宝石が人気。
当サイトでは、そんな日本国内で採集できる国産の宝石の産地についてご紹介します。
日本ではまだ知られていない、宝石の名産地についての豆知識をご覧ください。

Copyright © 2014 日本国内の宝石の産地 All Rights Reserved.